脇の下リンパの痛い腫れやしこりとは?

スポンサーリンク

ようこそ「脇の下リンパの痛い腫れやしこり」のホームページへ!
私は「脇の下リンパ専門カウンセラーの」本橋由美子と言います。

 

最近、よくニュースで取り上げられるようになった乳癌、
脇の下のリンパが痛んだり、しこりがあるときに
なんとなく不安になってしまいますよね。

 

乳癌以外にも、リンパが腫れたり、傷んだりする原因はいくつかあります。
今回は、脇の下のリンパに異常が起きる時に考えられる原因をご紹介します。

 

リンパとは?

 

まず、リンパとはなんでしょうか。
血液を体中に送るために、血管が通っていることと同じように、
リンパ管もリンパ液を体中に運ぶため、私たちの体中に張り巡らされています。

 

そして、その中を流れるリンパ液は体を病気から守る免疫機能や、
老廃物を運ぶ役割を担っています。

 

リンパ管が集まる中継地点には、リンパ節と呼ばれる部分があり、
そこで老廃物をろ過したり、免疫で大切な抗体を作っています。

 

リンパ節は体中にいくつかありますが、
脇の下には腋窩(えきか)リンパ節が位置しています。

 

リンパが腫れる原因!

 

リンパ節の腫れには、風邪、ストレス、冷えなど、いろいろな原因があります。
リンパの流れが悪くなって起きる腫れ以外では、
一般的に起こるのは風邪の時に起こるウィルス性リンパ節炎です。

 

細菌がリンパ節内に侵入し、
そこで免疫の抗体と反応することにより、
一時的にリンパが腫れます。

スポンサーリンク

ウィルス性リンパ節炎の場合、
医療機関で処方される抗生物質の服用で、
数日の間にリンパの腫れや痛みは引いていきます。

 

一方、注意すべきは化膿性のリンパ節炎や悪性の腫瘍の場合です。
化膿性のリンパ節炎は自然に治りにくくなっており、
手術が必要となる場合もあります。

 

また、悪性の腫瘍である悪性リンパ腫は血液の癌です。
リンパは全身を巡っているため、
悪性リンパ腫は全身への転移が起きる可能性が非常に高くなります。

 

悪性リンパ腫の場合、
リンパの腫れや痛みの他に倦怠感や貧血、
微熱を伴うことがあります。

 

以上は男女共通して起こる病気ですが、女性の場合、
乳腺症や乳癌でも脇の下に痛みを伴う腫れやしこりが起きる場合があります。

 

肩こりが原因でリンパが腫れて痛くなる時もある!

 

このような専門的な病気より、私たちに身近な「肩こり」などで
脇の下のリンパが腫れてしまい、しこりができてしまうこともあるのです!

 

乳癌などと比べると、命に関わる問題ではありませんが、
この痛みで悩んでおられる方の方が、数としては、ずっと多いはずです。

 

数日で消えないリンパの腫れや痛みは
早めに医療機関を受診する方が良いと言えます。

 

・・・というわけで、あなたもこのホームページの記事を読んで、
私と一緒に「脇の下リンパの痛い腫れやしこり」について、
お悩みを解消しましょうね!

 

【免責事項】

 

当サイトは長年「脇の下リンパ関係」で悩んできた
「私の体験談サイト」です。

 

従いまして、当サイトから得た情報による、
いかなる損害においても
当サイトは一切責任を負いません。

 

全ては当サイトを読んだユーザーの
自己判断による責任としますので、
予めご了承下さい。

スポンサーリンク